Thank you very much と Thank you so much

相手に感謝を伝える時のフレーズとして Thank you very much と Thank you so much がまず思い浮かびますが、この二つのフレーズはどのように違うのでしょうか。

Thank you very much はとても丁寧な表現でビジネスで使う場合に適しています。「誠にありがとうございました」という感じです。

一方で、Thank you so much は少しカジュアルなニュアンスがあり、相手にもよりますがビジネスであっても親しい仲であれば、使うこともあります。ただ、実際に会ったことのない相手を含め、あまり親しくない間で使うことは避けた方が無難です。相手が使ってきてから使うほうが無難かもしれません。「ありがとう。とても助かりました」という感じでしょうか。

広告

… will try to … even though it cannot be guaranteed.

保証はできないけれど努力している感を出す時に使えるフレーズです。

We will try to send our comments earlier even though it cannot be guaranteed.

保証はできませんが早めに当方のコメントをお送りするようにします。

Thank you for your prompt reply for…

こちらからの依頼に対してすぐに対応してくれた時のお礼に使えるフレーズです。

Thank you very much for your prompt reply as well as for sending the document.

お願いした書類をすぐに送って頂き大変ありがとうございました。

Thank you so much for your prompt reply for sharing the information.

迅速な情報共有を本当にありがとうございます。

Please disregard …

一つ前に送ったメールから状況が変わったり、間違った事を書いていたりした時に使えるフレーズです。

Please disregard my question from my last email.

前回送ったメールでの質問はスルー(無視)してください。

最初のブログ投稿

これは最初の投稿です。編集リンクをクリックしてこの内容の変更や削除を行うか、新しい投稿を追加しましょう。この投稿内で、なぜブログを始めたのか、どんなことについてブログを書いていくのか、といったことを読者に伝えるのもよいでしょう。ヘルプが必要な場合は、サポートフォーラムを利用して、フレンドリーな人々に質問してみましょう。